水虫に感染している人はかなり多いと思われますが、きちんと完治するまで治療をしないとなかなか治りずらい感染症となっております。水虫が発生しやすい環境としては高温多湿でジメジメしているところで感染してしまうので、常に足を清潔に保つことが必要となります。当サイトでは水虫の治し方について詳しく説明していきます。

【目次】

現在日本人の多くを悩ませている水虫データによれば5人に1人は水虫に感染していると言われています。
夏場の暑い時期の場合ですと、それが4人に1人に感染するのです。
初めて水虫になった人はショックも大きいと思います。自分が水虫なわけがないと信じたくなくなることもあります。
ですが現実から目を背けて何も対処しないでいると水虫が余計ひどくなってしまう可能性があります。

一体水虫とはどのような病気なのかということをしっかり理解し、その対処を考えることでひどくならずに済ませることができます。
ここでは水虫はカビなのであるということと、その原因から考えてどのような場所が水虫を感染しやすい状況なのかということ、それからどのような環境が感染を起こしてしまうのかということについてまとめています。
是非参考にしてください。

水虫の原因はカビです

白癬菌や色々な水虫菌がついた足原因はカビです。真菌というカビの一種の白癬菌が皮膚に感染してしまった状況を言います。
症状は皮膚が赤らんだり水泡ができる症状です。
皮膚の組織の一部を採取して顕微鏡で観察してみると、白癬菌が発見できるので、それで診断が可能です。
赤くなったり白くなったり水泡が出来たり皮膚の組織の一部が、だいたい10人に一人の割合で白癬菌にかかっています。

一番メジャーなのは足に感染する足白癬です。
目で見てわかる症状としては角質が硬く厚くなるのでポロポロ剥がれたりするところからわかりますし、あるいは白みを帯びてきたりあからんだり水疱などができる場合があります。
かゆみなども伴いますので足などにできるとかなりストレスの溜まる病気です。
湿疹などと症状が似ているので湿疹薬などを塗ってしまいますとカビはより繁殖しやすい状況になってしまうので、悪くなってしまう場合があります。

治し方はどの白癬菌に侵されている場合でも塗り薬といった外用が基本です。
内服薬を使用することもないことはありませんし、効果も高いですが、病院でしか処方されていません。
皮膚科に行くと診断され、薬を渡されます。

治し方はいくつもあるわけではないので基本的にすぐに薬をもらうことになります。
正しく塗り薬や内服薬を使用すれば治らないということはあまりありませんが、内服薬の場合は肝臓などに影響を与える場合があるので飲み方などに注意をしないと重篤な副作用などを起こしてしまう場合があるので注意しましょう。
さらに治療が長引くこともよくあります。
1ヶ月から2ヶ月薬を塗っても治らない場合があり、皮膚の角質が入れ替わらないといけないので一見表面上は症状が出ていなくてもまた再発の危険性もあります。
根気強く薬など塗ることがポイントです。

症状が見た目で治るタイミングと菌が本当にいなくなるタイミングは同じではないからです。
外用薬ならば薬局やコンビニエンスストアでも販売してる所がありますが、そういうものを塗った上で病院へ行くと、表面上白癬菌の数が減っていて検査で見つからず正しい診断が受けられない場合があります。
診察も考えている人はその一週間前ぐらいから薬を塗るのを控えた方が結果的に治療が早く済む場合の可能性があるのでその点も注意しておきましょう。

水虫が発生しやすい環境とは?

足の裏水虫の原因はカビなので、当然発生しやすい場所はカビが発生しやすい場所と同じです。
例えばパンなどのカビが発生するのはどういった状況でしょうか。
湿度が高く、温度が高い条件でカビが増殖していくということはわかると思います。

水虫も同じように湿度が高くて温度の高い場所で発生します。
当然梅雨時期から活動は活発になり増殖していきます。夏が来るたびに再発している人なども多いです。
乾燥や寒さには強くないので逆に言うと冬になると症状が一旦弱まることが多いです。
ただしエアコンなどのつけすぎによって冬でも部屋を高温多湿の状態にしている場合があるので、冬に悪くなる人も最近は増えています。

また体の部位で湿気が高くなる場所といえば靴下を履く足の裏などです。
こまめに清潔にしておかないと簡単にカビが湧いてしまうのです。
またの部分なども下着に隠れているので高温多湿の条件になりやすく水虫になりがちなので気をつけましょう。

水虫の場合は汗が多い人などによく見られるケースです。
こういう状況下にいた時は皮膚表面に白癬菌が繁殖している可能性があるので、必ず毎日お風呂でしっかりと洗って清潔にしておくことが予防になります。
人間の細胞には大変多くの真菌が生息していて、体には様々な場所で生息していると考えられています。
まるで身体全体が生態系になっているかのように80から100種類の真菌が生息しているとアメリカの国立ヒトゲノム研究所のジュリーセグレ氏が発言しています。
これはDNA解析装置によって人の足に真菌がどれだけ生息しているか調べた結果の報告なのです。

一方で背中や首の後ろなどといった場所は2から10種類しか生息しておらず、いかに足に白癬菌が繁殖しやすいかということが分かるでしょう。
皮膚がしっかり乾燥している場合ならば洗い流せばこうした真菌に感染することはないのですが、気温や湿気が高いと白癬菌の活動が活発になり角質症に侵入してしまうのです。

外に出て帰ってきたらすぐに足を洗うことが理想です。
せめて浴室で洗うのは面倒だという人でも、足の指の間や踵を洗ってしっかり乾燥させるように心がけましょう。
清潔と乾燥が水虫の予防の基本なのです。
もちろん靴下は毎日履き替え部屋はこまめに掃除しておくことが重要です。

感染の原因とは?

感染の原因は多数あります。
一番よくあるのは、水虫の人の皮膚の表面部分が剥がれ落ちたところから他の人に感染して生じてしまうことです。

特に問題なのは水虫に感染している人でかゆみを訴える人はそれほどいないということです。
7月、8月といったカビの発生が激しい時期になると4人に1人は水虫を持っている可能性が高いのですが、そのうちの10%しか自覚症状がないため水虫なのに水虫だと思っていない人がたくさんいるのです。
このような人は、適切な治療を行ったり病院で治療を受けたりしていないため、家庭内などの感染の原因になっていきます。
特にお風呂のマットレスなどといった場所は湿気も含み、最も白癬菌の温床となる場所です。

感染源となりがちなのが外で一生懸命働くお父さん。
そして白癬菌を家に持ち込んでしまい感染してしまうことがあるのです。
マットレスだけでもなくリビングやソファーなどもあります。
トイレの床などといった共有の場所はよく感染源となります。

また台所の床やリビングの床などといった家族の人達が全員使う場所のせいで他の家族に移ってしまうことがよくあるのです。
ただし性別などは全く水虫には関係してきませんので男性の病気と思われがちですが、女性もブーツなどを履いて通気性の悪い状況をしていると水虫にかかります。
いずれにせよ特に夏場マットレスなどの掃除などを心がけるようにしましょう。

家族でない家以外の場所ではどのような場所で感染しやすいのでしょうか。
やはり温泉、公衆浴場などが感染しやすい環境であると言えるでしょう。
さらに人同士ではなく動物からうつることもあります。

具体的にはペットなどがあるでしょう。
例えば猫からもらってしまう可能性もありますし、土などの由来の水虫もあります。
人でも繁殖できる真菌ならば、人間の水虫の原因になってしまうのです。
ペットを飼っているかどうかということは水虫の原因追求のために重要なポイントとなります。

ただし角層に白癬菌がついただけで感染が成立するわけではありません。
普通の角層の場合でしたら1日から2日間のうちに綺麗に拭き取って乾燥させれば内部に侵入せず感染することはないのです。
ですからそれほど神経質になることもありませんが、必ず夏場は清潔を心掛けるようにしておきましょう。

この記事をシェアする