水虫に感染している人はかなり多いと思われますが、きちんと完治するまで治療をしないとなかなか治りずらい感染症となっております。水虫が発生しやすい環境としては高温多湿でジメジメしているところで感染してしまうので、常に足を清潔に保つことが必要となります。当サイトでは水虫の治し方について詳しく説明していきます。

イミダゾール系のニゾラールで水虫を治す!

水虫になっているかもしれないと思ったら、皮膚科でイミダゾール系のニゾラールを処方してもらって治療するのが良いでしょう。
ニゾラールはケトコナゾールを有効成分として配合した薬で、クリームタイプやローションタイプが発売されています。
ニゾラールクリームケトコナゾールは抗真菌薬の一種であり、真菌(カビ)が関わる病気の治療に使われます。
水虫は白癬菌または皮膚糸状菌と呼ばれる真菌によって引き起こされるので、治療にはニゾラールが有効です。

ニゾラールでの水虫の治し方は、水疱が出来ていたり皮が剥けているなどの患部よりも広めにこの薬を塗るという使い方になります。
症状が出ている部分よりも広めに薬を付けることで、周りにいる菌までも殺菌出来るため、効果的に治療が行えます。
また、ニゾラールクリームでの水虫の治し方のポイントは、角質層に浸透するように充分に塗りこむということです。

この薬は1日1回患部に塗布するという使い方になりますが、症状が治まったと感じてもすぐに薬を使うのをやめないことが大切です。
医師に指示された期間中ずっとニゾラールを塗り続けることで、角質に隠れている菌まで殺菌することが期待出来るので、再発する可能性が低くなります。

ニゾラールを使いたい時は、皮膚科で水虫だと診断されてからこの薬の処方を受けるのが購入方法として一般的です。
ニゾラールには日本国内での市販薬は無いので、通販での購入は基本的には出来ません。
しかし、個人輸入代行サイトを使えば海外製のニゾラールを通販することが出来ます。
ニゾラールを安全に使用するためには国内の皮膚科で購入する方がおすすめですが、やむなく個人輸入代行サイトを使う時は怪しいサイトでないかをよく確認することが大事です。

水虫はなかなか治らない病気というイメージがありますが、ニゾラールを1日1回地道に使い続けることで完治を目指せます。
ニゾラールは他の水虫の薬と比べてもよく効くという声があるため、この薬で水虫治療を始めてはいかがでしょうか。

有効成分のケトコナゾールについて

ニゾラールの有効成分はケトコナゾールといい、イミダゾール系の合成抗真菌薬の一種となります。
ちなみにイミダゾールはアミンの一種で水に溶けやすい性質を持ち、アゾール類で一番塩基性が強いという特徴があります。

ケトコナゾールは日本では内服薬としては承認されていません。
そのため、ケトコナゾール配合の医薬品としては、クリームやローションが用いられることになります。

ケトコナゾールには真菌への殺菌効果があります。
この成分が真菌を殺菌するメカニズムは、真菌が持っている植物性細胞膜や酵素に含まれるエルゴステロールの合成を阻害して真菌が育たないようにするというものです。
このメカニズムによって水虫の患部に増殖していた白癬菌が殺菌されていき、症状も治まっていくことが期待出来ます。

ケトコナゾールを外用薬として使用した時の副作用はあまり心配しなくても良い場合が多いです。
例えばケトコナゾールが含まれるクリームなどを患部に塗って少しの刺激感を感じる時は、特に何も対応をしなくても大丈夫と言えます。
しかし、塗布した後にあまりにもヒリヒリしたりかゆみが強くなる時は医師に相談した方が良いでしょう。
それから副作用としてかぶれが起こる場合があることも報告されているので、ケトコナゾールを塗った後の皮膚の状態には気をつけておきましょう。

ケトコナゾールの外用薬で水虫治療をしようと思っているなら、妊娠中や授乳中の人は医師にそのことを伝えてこの薬を使っても大丈夫かを確認するのがおすすめです。
もしも以前にケトコナゾールが含まれる外用薬を使って副作用が起こったことがある人がいれば、この成分が使用出来ないと判断されることも考えられるため医師に相談してから使用するようにしましょう。

関連記事
この記事をシェアする